screen-shot-2016-12-01-at-1-16-55-pm
01 12月
2016

クレジットカードで公共料金をまとめて支払うメリットは大きいですが、その分クレジットカードの管理もしっかりと行う必要があります。公共料金をクレジットカード決済に切り替えるときも、手間がかかりますが、その後のメリットを考えるとそれほどの苦労ではありません。しかし、そのクレジットカードを紛失すると登録するとき以上の手間がかかります。

クレジットカードを紛失するとクレジットカード会社に連絡して、カードを無効にし新しいクレジットカードを発行してもらいますが、クレジットカードの番号も変更になります。そのためせっかく苦労して登録手続きをした公共料金の支払先に、再度変更手続きをしなければいけません。

また、紛失だけではなくクレジットカードの支払いに関しても注意が必要です。万が一クレジットカードの支払いを遅延しても、公共料金の支払い遅延にはなりません。クレジットカード会社が立て替えて支払っているからです。

しかし、支払いの延滞が続いてクレジットカードの利用が停止されることだけは避けなくてはいけません。そうなるとクレジットカードで公共料金を決済することは当分できなくなり、メリットどころかデメリットのほうが大きくなるので十分注意しましょう。

admin

info@strong-armmusic.com