screen-shot-2016-12-01-at-1-26-11-pm
01 12月
2016

クレジットカードで公共料金を支払うときの注意点としては、クレジットカード決済可能な公共料金はなるべくまとめて同じクレジットカードで決済するという点です。これによってポイントが効率よく貯まりますが、それ以外の大きなメリットがあります。

クレジットカードで公共料金をまとめて支払うと、家計簿をつけている人ならよくわかると思いますが、各種支払の管理がとても楽になります。これは個人カードだけではなく法人カードでも同じですが、ばらばらだった支払日が統一されることで管理しやすくなるのです。

同じ公共料金では口座振替にすると引き落とし日がそれぞれ違うことはよくあります。これがまとまれば支払いに気をつかうのは月に1回だけで済みます。支払金額もクレジットカード請求書を確認すれば、トータル金額はすぐにわかるので計算する必要もありません。

クレジットカードの請求は公共料金だけでなく、他の買い物も一緒になってしまうので、できれば公共料金支払い用のクレジットカードを作るといいでしょう。このクレジットカードはなるべくポイント還元率が高いカードにするとポイントも貯まりやすくなります。

公共料金をまとめるためのクレジットカードとしては還元率は最低でも1%以上のクレジットカードを選びましょう。

admin

info@strong-armmusic.com