screen-shot-2016-12-01-at-1-24-37-pm
01 12月
2016

クレジットカードで支払いできる公共料金にはどんなものがあるでしょうか。公共料金といって思い出すのはやはり光熱費です。電気料金、ガス料金、水道料金などがありますが、すべての地域でこれらの公共料金がクレジットカード決済できるわけではありません。

電気やガスは公共料金といっても民間会社が提供しているのでほとんどの地域でクレジットカードが使えますが、水道料金は市町村といった自治体の運営なので、クレジットカード決済できない地域が多くなっています。都市部ではほとんど利用できますが、地方に住んでいる人はクレジットカード決済できるかどうかを確認しておきましょう。

光熱費などのほかに毎月支払いしているものには、電話料金、インターネットなどの通信費、新聞代、NHK受信料などがあります。これらもほとんどがクレジットカード決済可能です。また、自動車税や固定資産税、国民年金保険料などもクレジットカード決済が可能です。

公共料金でなくてもスポーツジムや英会話教室といったサービス利用でもクレジットカードを使うことができるのでなるべ多くの料金をクレジットカードに切り替えましょう。数多くのサービスをクレジットカード決済することで節約メリットも大きくなります。

admin

info@strong-armmusic.com